奈良 :: (川合)大塚山古墳の地図とデータ

(川合)大塚山古墳

データ

名前 (川合)大塚山古墳
よみがな かわいおおつかやまこふん
前方後円墳
都道府県 奈良
所在地 北葛城郡河合町川合
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

近鉄田原本線「池部駅」より徒歩又はタクシー利用

交通 - 車

西名阪自動車道「法隆寺IC」降車

周辺情報
タグ 前方後円墳国指定史跡段築葺石埴輪器財埴輪家形埴輪周濠・周溝周堤駐車可能
注意事項

--

紹介文

全長197mの前方後円墳。後円部径108m・高さ15.8m、前方部幅110m・高さ16.4m、3段築成で葺石・埴輪(円筒・朝顔・人物・家・盾・蓋)を備える。航空写真で見てもわかるように周壕の跡が良く残っている。埋葬施設は竪穴式石室と思われるが、詳細は不明。5世紀中頃~後半の築造。
国指定史跡(大塚山古墳群)、1956(昭和31)年指定。

全国各地に多く見られる大塚山古墳と区別するため川合大塚山古墳とも呼ばれている。なお、この古墳については馬見古墳群に所属するという見方もある。

posted by kofun.info

投稿写真 (0)

--

コメント (0)

--