奈良 :: 植山古墳の地図とデータ

植山古墳

データ

名前植山古墳
よみがなうえやまこふん
都道府県奈良
所在地 橿原市五条野町
駐車スペース --
交通 - 徒歩

近鉄吉野線「岡寺駅」より徒歩

交通 - 車

--

注意事項

飛鳥駅前にレンタサイクル有り

キーワード

長方形墳, 横穴式石室, 家形石棺, 国指定史跡

紹介文

古墳時代終末期の長方形墳。
墳丘は東西約40m、南北約30m、高さ約3~6mを測り、周囲には壕がめぐる。墳丘南側には横穴式石室2基(東石室・西石室)が開口する。
【東石室】全長約13m、玄室部は長さ約6.5m、幅・高さ約3.1m、羨道部は長さ約6.5m、幅約1.9m、高さ約2.2mを測る。両袖型で、花崗岩などを用いて構築されており、室内には刳抜き式の家形石棺が納められている。6世紀末頃の築造。
【西石室】全長約13m、玄室部は長さ約5.2m、幅約2.5m、高さ約4.5m、羨道部は長さ約7.8m、幅約2.2m、高さ約2mを測る。両袖型で、花崗岩を用いて構築されている。玄門部には玄室と羨道を仕切る閾石(しきみいし)が置かれ、扉状施設が設けられていたと考えられている。玄室内からは石棺材とみられる阿蘇溶結凝灰岩の破片が出土している。7世紀前半の築造。
国指定史跡、2002(平成14)年指定。推古天皇と竹田皇子の一時的な合葬墓と考えられている。

2009(平成21)年9月、橿原市教育委員会は、墳丘の周りに柵を廻らせていたことを示す柱穴の列が見つかったと発表した。

posted by admin-user

コメント (0)

--
【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ