佐賀 :: 関行丸古墳の地図とデータ

関行丸古墳

データ

名前関行丸古墳
よみがなせきぎょうまるこふん
都道府県佐賀
所在地 佐賀市久保泉町大字川久保
駐車スペース --
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

注意事項

--

キーワード

佐賀市, 前方後円墳, 横穴式石室, 県指定史跡, 県指定重要文化財

紹介文

全長55m、古墳時代後期(6世紀初頭)の前方後円墳。
後円部径35m、高さ4.5m、前方部幅20m、高さ1m、埋葬施設は後円部西側に入口をもつ初期の横穴式石室で、長さ約4.4m、幅約2.8m、高さ約2.7mの玄室に「ハ」の字型に開く羨道が付く。石室内部は天井部を除いて赤色顔料が塗布され、床面には礫が敷かれている。奥壁に接して設けられた3つの屍床に5体が埋葬されていたようだ。銅鏡4面や玉類、貝製腕輪、武器、工具、馬具、金銅製装飾品類など出土した副葬品は県の重要文化財・考古資料に指定されている。
県指定史跡、1972(昭和47)年指定。

posted by admin-user

写真 (0)

--

コメント (0)

--
【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ