岡山 :: 牛文茶臼山古墳の地図とデータ

牛文茶臼山古墳

データ

名前 牛文茶臼山古墳
よみがな うしぶみちゃうすやまこふん
帆立貝式古墳
都道府県 岡山
所在地 瀬戸内市長船町牛文
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

JR赤穂線「長船駅」より徒歩又はタクシー利用

交通 - 車

--

周辺情報
タグ 帆立貝式古墳市指定史跡
注意事項

--

紹介文

全長48mの帆立貝式前方後円墳。
後円部径33.2m・高さ5.5m、前方部幅16m、後円部は2段築成で葺石・埴輪を備える。後円部中央にあった竪穴式石室と思われる埋葬施設から、銅鏡や貝釧、鉄刀、金銅製帯金具、須恵器などが出土、5世紀末の築造と推定されている。北側には陪塚と思われる小茶臼山古墳(直径約14mの円墳)がある。
市(旧邑久郡長船町)指定史跡、1991(平成3)年指定。

posted by kofun.info

投稿写真 (7)

案内標識牛文茶臼山古墳前方部
後円部(2段式)後円部(盗掘口?)古墳からの風景

コメント (1)

セイウチ - 2014/07/06 15:25:37

中学校の方に歩いて行くと、道の傍に案内が有り、中学横の単独した小山に上って行くようになっていました。
山は全体に下草が刈られ管理されています。
後円部の墳頂は大きく削られています。盗掘口の跡でしょうか

他県の古墳