宮城 :: 泉谷館跡の地図とデータ

泉谷館跡

データ

名前泉谷館跡
よみがないずみやだてあと
遺跡
都道府県宮城
所在地 栗原市瀬峰泉谷
駐車スペース --
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

注意事項

--

紹介文

大化以前、多賀城や郡山遺跡以前の鬼高式期の土器が発見されている。古墳時代後期の遺跡としては泉谷館跡、民生病院裏遺跡、三代遺跡が知られているが、いずれも標高20m~30m前後の丘陵上に位置するものである。。昭和61,62年度の2ヶ年にわたって調査が実施された泉谷館跡からは11基の住居跡が検出され、栗囲式期の土器とそれにほぼ平行すると考えられる関東地方鬼高式期の土器が出土している。仙台市郡山遺跡、大崎市名生館遺跡、栗原市御駒堂遺跡などでは、7世後半から8世紀前半にかけての関東系の土器が出土しているが、泉谷館跡出土の関東系土器はおおむね7世紀前半と考えられ、それらに先行する段階のものとして注目を集めている。

posted by morudauharerya

写真 (0)

--

コメント (0)

--
【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ