和歌山 :: 車駕之古址古墳の地図とデータ

車駕之古址古墳

データ

名前車駕之古址古墳
よみがなしゃかのこしこふん
都道府県和歌山
所在地 和歌山市木ノ本
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

阪和自動車道「和歌山IC」降車

注意事項

--

キーワード

和歌山市, 前方後円墳, 県指定史跡, 金の勾玉, 公園

紹介文

県内最大級の規模をもつ古墳時代中期の前方後円墳。
全長86m、後円部径51m、前方部幅41m、高さ8m、2段築成で葺石・埴輪を備え、くびれ部南側には造出しが付く。墳丘周囲には濠と堤がめぐる。内部構造については不明。円筒埴輪や形象埴輪、ガラス小玉、金製勾玉などが出土しており、1995(平成7)年に県の有形文化財・考古資料に指定されている。金製勾玉は金約64%、銀約34%、銅少々からなる合金で、国内では他に出土例が無い。5世紀中頃の築造。
県指定史跡、1994(平成6)年指定。古墳公園として整備されたのだが、古墳を縁取るように並べられた100個の巨石が物議を醸し、撤去されることになったようだ。

・NPO法人しゃかのこし
http://www.syakanokoshi.jp/11.html

posted by admin-user

写真 (0)

--

コメント (0)

--
【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ