和歌山 :: 下里古墳の地図とデータ

下里古墳

データ

名前下里古墳
よみがなしもさとこふん
都道府県和歌山
所在地 東牟婁郡那智勝浦町大字下里
駐車スペース --
交通 - 徒歩

JR紀勢本線「下里駅」より徒歩

交通 - 車

阪和自動車道「南紀田辺IC」降車

注意事項

--

キーワード

那智勝浦町, 前方後円墳, 竪穴式石室, 国指定史跡

紹介文

本州最南端に位置する県内最古の前方後円墳。全長約60m、後円部径約25m、葺石・周溝を備える。前方部は削平されている。埋葬施設は竪穴式石室で、天井石が後円部墳頂に露出する。出土遺物は管玉やガラス小玉、鉄剣など。ほかにも多くの鏡が出土したと伝えられているが、詳細は不明。4世紀後半~5世紀初頭の築造。国指定史跡、1976(昭和51)年指定。

2012(平成24)年2月、下里古墳の出土品67点が町文化財・考古資料に指定された。

posted by admin-user

写真 (0)

--

コメント (0)

--
【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ