三重 :: 明合古墳の地図とデータ

明合古墳

データ

名前 明合古墳
よみがな あけあいこふん
双方中方墳
都道府県 三重
所在地 津市安濃町田端上野
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

近鉄名古屋線「津新町駅」よりバス又はタクシー利用

交通 - 車

伊勢自動車道「津IC」降車

周辺情報
タグ 双方中方墳国指定史跡公園段築造出し葺石埴輪器財埴輪家形埴輪周濠・周堤土器・容器駐車可能
注意事項

--

紹介文

安濃川西岸、標高約40mの台地上に築造された明合古墳群の主墳。1辺約60m・高さ約10m、2段築成の方墳で南北に造出しが付く双方中方墳とも呼ばれている。墳丘斜面には葺石が敷かれ、周囲には濠がめぐる。その外側には陪塚とみられる1辺8~22mの方墳5基が存在する。内部構造・副葬品は未調査のため不明。出土遺物は円筒埴輪や家形埴輪、盾形埴輪、須恵器など。5世紀前半の築造。国指定史跡、1952(昭和27)年指定。

posted by kofun.info

投稿写真 (5)

無題無題無題無題
無題

コメント (0)

--