宮崎 :: 男狭穂塚古墳の地図とデータ

男狭穂塚古墳

データ

名前男狭穂塚古墳
よみがなおさほづかこふん
都道府県宮崎
所在地 西都市大字三宅
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

宮崎空港よりバス利用

交通 - 車

東九州自動車道「西都IC」降車

注意事項

--

キーワード

西都市, 帆立貝式古墳, 陵墓参考地

紹介文

全長約175m、国内最大の帆立貝式古墳。
円丘部は3段築成で直径約132m、高さ約19m、方丘部幅約40m、高さ約4.5m、墳丘周囲に内堀(幅15~18m)・中堤(幅17~23m)・外堀(幅20~25m)を備える。宮内庁書陵部の調査によれば円筒埴輪が発見されている。内部構造は不明。5世紀前半の築造。
陵墓参考地、1895(明治28)年治定。

円丘部の北西にある169号墳・170号墳(いづれも直径約45mの円墳)は、男狭穂塚の陪塚と考えられている。

・西都原古墳群
http://kofun.info/kofun/608
・女狭穂塚古墳
http://kofun.info/kofun/610

posted by admin-user

コメント (1)

tihiro - 2013-01-26 18:03:37

毎年11月の西都古墳祭りの際、1日限定で公開されています。

【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ