奈良 :: 茅原大墓古墳の地図とデータ

茅原大墓古墳

データ

名前 茅原大墓古墳
よみがな ちはらおおはかこふん
帆立貝式古墳
都道府県 奈良
所在地 桜井市茅原
駐車スペース なし
交通 - 徒歩

巻向駅、三輪駅より徒歩

交通 - 車

--

周辺情報
タグ 帆立貝式古墳国指定史跡段築葺石埴輪人物埴輪周濠・周溝周堤埴輪棺
注意事項

--

紹介文

全長約86mの帆立貝式前方後円墳。後円部径約72m・高さ約9m、前方部長さ約15m・高さ約1m、後円部3段・前方部2段築成で葺石・埴輪を備える。宅地化や開墾等の影響により現状は全長65m程の規模となっている。墳丘の周囲では濠の痕跡が認められる。埋葬施設や副葬品については明らかになっていない。築造時期は4世紀後半頃と推定されている。
国指定史跡、1982(昭和57)年指定。

2011(平成23)年2月、桜井市教育委員会による発掘調査で、周濠跡から国内最古の盾持ち人物埴輪などが、前方部上面で埴輪棺が1基出土した。

2012(平成24)年2月、桜井市教育委員会による発掘調査で、前方部の角で墳丘と外堤を結ぶ渡り堤が確認された。また、くびれ部の平坦面で円筒埴輪棺が2基出土した。

posted by kofun.info

投稿写真 (4)

無題全景
  • 全景
  • by りんどる
  • 2011年06月撮影
現地の説明文
  • 現地の説明文
  • by りんどる
  • 2011年05月撮影
発掘調査中の茅原大墓古墳
  • 発掘調査中の茅原大墓古墳
  • by arayo
  • 2010年01月撮影

コメント (0)

--