奈良 :: 島の山古墳の地図とデータ

島の山古墳

データ

名前 島の山古墳
よみがな しまのやまこふん
前方後円墳
都道府県 奈良
所在地 磯城郡川西町唐院
駐車スペース なし
交通 - 徒歩

近鉄橿原線「結崎駅」より徒歩約20分

交通 - 車

西名阪自動車道「法隆寺IC」「郡山IC」降車

周辺情報
タグ 前方後円墳国指定史跡段築葺石埴輪器財埴輪家形埴輪周濠・周溝粘土槨木棺棺 割竹形装身具石製品
注意事項

--

紹介文

全長約200mの前方後円墳。後円部径約113m・高さ約17.4m、前方部幅約103m・高さ約11m、3段築成で葺石・円筒埴輪・形象埴輪(家・靫・盾・蓋など)・周濠を備える。1996(平成8)年、橿原考古学研究所が前方部墳頂で未盗掘の粘土槨(全長約8.5m)を発掘、割竹形木棺を覆う粘土上から大量の鍬形石、車輪石、石釧の石製腕飾類が、木棺内から銅鏡や玉類、石製合子、鉄製品などが出土した。出土品は1998(平成10)年に国の重要文化財に指定されている。後円部墳頂にも埋葬施設が存在したが、明治時代に盗掘され、多量の石製腕飾類や石室の石材が取り出されたという。石材は近くにある比売久波神社に残されている。4世紀末~5世紀初頭の築造。
国指定史跡、2002(平成14)年指定。

posted by kofun.info

投稿写真 (0)

--

コメント (0)

--