宮城の古墳情報

宮城の古墳

宮城の古墳 [ 計:92 表示:61 - 80 ]

毘沙門堂古墳
毘沙門堂古墳 - 円墳 【びしゃもんどうこふん】 宮城県名取市杉ヶ袋字前沖54 本寿院 墳丘の直径50m・高さ8mの円墳である。墳丘南側が張り出し上のように崩れた状...
雷神塚古墳
雷神塚古墳 - 円墳 【らいじんづかこふん】 宮城県名取市美田園5丁目 浜堤の高まりを利用して作られた直径約40m・高さ約4mの円墳。出土遺物はない...
追戸・中野横穴古墳群
追戸・中野横穴古墳群 - 横穴墓 【おいとなかのよこあなこふんぐん】 宮城県遠田郡涌谷町小塚字追戸沢 歴史公園内に横穴墓9基が保存されている。1号墓は奥行き約10m、高さ約2mで...
黒川神社横穴古墳群(仮)
黒川神社横穴古墳群(仮) - 横穴墓 【くろかわじんじゃよこあなこふんぐん】 宮城県黒川郡大和町鶴巣北目大崎日光山15 黒川神社 古墳名はわかりません。石碑に横穴古墳とあるので一応神社名を付けました。神社の...
姉歯横穴古墳群
姉歯横穴古墳群 - 横穴墓 【あねはよこあなこふんぐん】 宮城県栗原市金成姉歯字根岸 昭和22年の台風で二迫川が決壊し、その補修作業中に発見された。大小9基からな...
和泉沢古墳群
和泉沢古墳群 - 群集墳 【いずみさわこふんぐん】 宮城県石巻市中島字和泉沢畑 東西130m・南北90mほどの範囲に円墳約50基が分布、そのうち3基が発掘調...
鶉崎古墳群
鶉崎古墳群 - 群集墳 【うずらさきこふんぐん】 宮城県黒川郡大郷町鶉崎字原 7世紀初めから中期の築造と思われる。森の中に主墳である大小寺古墳(直径25m...
諏訪古墳
諏訪古墳 - 円墳 【すわこふん】 宮城県黒川郡大郷町粕川字丸山 中期古墳5~6世紀の築造。丘陵大地の上、見晴らしのよいところに形のよい円墳を...
山中古墳
山中古墳 - 円墳 【やまなかこふん】 宮城県黒川郡大郷町粕川字山中 6世紀末の築造。個人のお宅の庭にある古墳。きれいな円錐の台形をしている。円墳...
念南寺古墳群
念南寺古墳群 - 古墳群 【ねやじこふんぐん】 宮城県加美郡色麻町四竃字官林 鳴瀬川右岸の丘陵上に前方後円墳1基と直径10m前後の円墳20基以上が点在して...
高舘山古墳
高舘山古墳 - 前方後方墳 【たかだてやまこふん】 宮城県名取市高舘吉田字西真坂 全長約60mの前方後方墳。 墳丘形態や立地状況などから、県内最古級の古墳と...
上野山古墳群
上野山古墳群 - 群集墳 【うわのやまこふんぐん】 宮城県柴田郡柴田町、村田町 柴田町と村田町にまたがる上野山丘陵に分布する古墳群で、その数は調査済みのもの...
千塚山古墳
千塚山古墳 - 前方後円墳 【せんづかやまこふん】 宮城県柴田郡村田町沼辺字千塚 主軸長85mの前方後円墳。(村田盆地最古)土器埴輪は確認されていないが墳形か...
方領権現古墳
方領権現古墳 - 前方後円墳 【ほうりょうごんげんこふん】 宮城県柴田郡村田町薄木字金原 主軸長64mの前方後円墳。くびれ部分に造出しがつけられている。古墳の形状から...
針生古墳
針生古墳 - 前方後円墳 【はりうこふん】 宮城県柴田郡村田町村田字針生 田んぼの中に堂々と横たわっている古墳(前方後円墳)主軸長さが約100mといわ...
法印塚古墳
法印塚古墳 - 円墳 【ほういんづかこふん】 宮城県宮城郡利府町菅谷新山苗代 直径20m前後の円墳のようだ。
桜壇古墳
桜壇古墳 - 群集墳 【さくらだんこふん】 宮城県加美郡加美町字原町桜壇 かつては数十基群集する古墳群だったという。現在は多くが田んぼの整理で消滅した...
石の梅古墳(蘭場古墳)
石の梅古墳(蘭場古墳) - 前方後方墳 【いしのうめこふん】 宮城県大崎市大口要害 ネットでは「古墳時代中期 全長60m、後方部1辺38m・高さ8m、前方部先端...
蝦夷塚
蝦夷塚 - 円墳 【えぞづか】 宮城県本吉郡南三陸町志津川字上保呂毛 保呂毛(ほろけ)集落にある円墳。中近世の塚の可能性もあるが、昔は葺石に覆われ...
天神前遺跡
天神前遺跡 - 群集墳 【てんじんまえいせき】 宮城県大崎市古川小林 江合川の北岸、国史跡宮沢遺跡と名生舘遺跡の間にあります。古墳時代前期の方墳4...