滋賀 :: 勝堂古墳群の地図とデータ

勝堂古墳群

データ

名前勝堂古墳群
よみがなしょうどうこふんぐん
都道府県滋賀
所在地 東近江市勝堂町
駐車スペース --
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

名神高速道路「八日市IC」降車

注意事項

--

紹介文

古墳時代後期の群集墳。
かつては50基近い古墳が存在したというが、現在確認できるのは8基ほどとなっている。このうち、赤塚古墳と弁天塚古墳が1983(昭和58)年に県史跡に、行者塚古墳が2008(平成20)年に市史跡となっている。
赤塚古墳は径32m、高さ5m、周濠を伴う円墳で、横穴式石室が南に開口している。隣接する弁天塚古墳は現状で径20m、高さ3mの円墳で、周囲には濠と堤がめぐらされている。未調査のため詳細は不明。おから山古墳は径約30m、高さ約7mの円墳で、横穴式石室を埋葬施設にもつ。3基とも6世紀後半の築造とみられている。

2012(平成24)年3月、東近江市教育委員会は、勝堂古墳群の1基である「おから山古墳」を市史跡に登録することを発表した。

posted by admin-user

写真 (0)

--

コメント (0)

--
【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ