福島 :: 会津大塚山古墳の地図とデータ

会津大塚山古墳

データ

名前会津大塚山古墳
よみがなあいづおおつかやまこふん
都道府県福島
所在地 会津若松市一箕町大字八幡
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

JR只見線「会津若松駅」より徒歩

交通 - 車

磐越自動車道「会津若松IC」降車

注意事項

--

キーワード

会津若松市, 前方後円墳, 国指定史跡

紹介文

会津盆地南東部の独立丘陵上に所在する全長114mの前方後円墳。墳丘は前方部2段・後円部2段または3段築成で、葺石・埴輪は確認されていない。1964(昭和39)年、後円部墳頂で2基の木棺が発掘され、南棺から三角縁神獣鏡や環頭大刀、勾玉、管玉、工具などが、北棺から捩文鏡や管玉、武器、工具などが出土した。4世紀中頃~後半頃の築造。国指定史跡、1972(昭和47)年指定。出土品も国の重要文化財に指定されている。

・福島県立博物館(出土品を展示)
http://www.general-museum.fks.ed.jp/

posted by admin-user

コメント (3)

yuki1949 - 2016-10-01 18:56:53

大塚山墓園からアクセスしました。墓園の南側の丘陵頂上が古墳になっており、前方部が後円部に比べ、かなり低くなっています。後円部の墳丘には、たしかに石棺のような石材があります。

Kosuke - 2015-10-03 14:29:02

会津若松から徒歩20分のところにあります。古墳には横穴墓が隣接しているそうだが、見当たらず。くびれが綺麗で見てすぐに前方後円墳だとわかります。古墳のある大地から見る眺めは格別でした。

ilikekohun - 2015-10-03 11:21:34

墓地に隣接しています。すぐ近くに円墳のようなものがあります。陪塚でしょう。墳頂部に石碑と、石棺の蓋のようなものがありました。この古墳から出土したものでしょうか。全体的に木が生い茂っていて、あまり整備はされていないようです。

【携帯版】古墳マップ