石川 :: 雨の宮古墳群の地図とデータ

雨の宮古墳群

データ

名前雨の宮古墳群
よみがなあめのみやこふんぐん
古墳群
都道府県石川
所在地 鹿島郡中能登町西馬場
駐車スペース あり(無料)
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

注意事項

--

紹介文

4世紀中頃~5世紀前半に造られた36基の古墳群。
中心墳である1号墳は、2段築成の前方後方墳で全長65m、前方後方墳としては北陸最大級の規模を誇る。埋葬施設は粘土槨で、腕輪形石製品や武器、武具、農工具などが出土した。ほかにも全長約65mで葺石を備える2段築成の前方後円墳(2号墳)や、勾玉や鉄剣が出土した円墳(36号墳)などがある。
国指定史跡、1982(昭和57)年指定。現在はふるさと歴史の広場公園として整備されており、近くには出土品などを展示した「雨の宮能登王墓の館」がある。

posted by admin-user

写真 (24)

----------
----------
<< 前へ
 | 1 | 2 | 3 | 次へ >>

コメント (0)

--
【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ