山頂の古墳情報

山頂の古墳 [ 計:14 表示:1 - 14 ]

名前都道府県紹介文
飯山古墳岡山単独丘陵の山頂に位置する円墳。墳頂は径7m程の平面になってお...
稲荷山古墳(和気町)岡山稲荷山山頂に位置する。南に開口する横穴式石室をもつ。天井石1...
お城山古墳福井通称・後山(うしろやま)の山頂に所在する全長約44mの前方後...
弘法山古墳長野全長約65m、東日本で最古級の前方後方墳。後方部の幅約33m...
小熊山古墳大分標高85.5mの山頂に所在。全長116.5mの前方後円墳。後...
小丸山古墳島根全長52mの前方後円墳。後円部径32m・前方部幅40m、高さ...
斎場山古墳(五量眼塚古墳)長野斎場山の山頂にあたる直径35.2mの円墳で、造出しを合わせて...
高松市茶臼山古墳香川標高約50m茶臼山山頂に所在する全長約70mの前方後円墳。葺...
積石塚古墳(聖通寺山古墳)香川現状で直径約12m・高さ約2mの円墳で、積み石によって構築さ...
寺ノ奥山古墳岡山丘陵に有る瀬戸町との境界線上の西側山頂に位置している。ほぼ北...
東之宮古墳愛知【墳丘】 標高約140mの白山平山頂に所在。墳長72mの前...
谷津山古墳(柚木山神古墳)静岡標高108mの山の山頂にある、全長110m、高さ10mの古墳...
竜王山古墳熊本日輪寺山山頂に所在。市内最古級の古墳で、竪穴式石室を持つ。4...
六呂瀬山古墳群福井六呂瀬山山頂に所在、前方後円墳2基・方墳2基からなる古墳群。...