岩手 :: 角塚古墳の地図とデータ

角塚古墳

データ

名前角塚古墳
よみがなつのづかこふん
都道府県岩手
所在地 奥州市胆沢区南都田字塚田
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

JR東北本線「水沢駅」よりバス又はタクシー利用

交通 - 車

東北自動車道「水沢IC」降車

注意事項

後円部墳頂に立つ一本杉が目印

キーワード

奥州市, 前方後円墳, 国指定史跡, 古墳公園

紹介文

日本最北端に位置する前方後円墳。
全長約45m、後円部は径約30m、高さ約4.5m、前方部は最大幅約20m、高さ約1.5mを測る。後円部は2段築成で、葺石・埴輪(円筒・人物・動物・家形)・周濠を備える。内部構造は未調査のため不明。5世紀後半~6世紀前半の築造。
国指定史跡、1985(昭和60)年指定。古墳公園内に保存・整備されている。後円部墳頂に立つ一本杉が目印。

posted by admin-user

写真 (12)

12111098
76543
<< 前へ
 | 1 | 2 | 次へ >>

コメント (3)

福田清己 - 2015-05-15 17:04:09

田舎へ帰ったら寄ってみよう。ふく

はる - 2013-07-06 23:45:00

確かに謎ですね。
一度はヤマト政権を受け入れたが、後に歯向かったということになるのでしょうか?
被葬者?も謎だし…。

morudauharerya - 2012-03-31 14:49:03

最北端の前方後円墳にいきました。高速水沢ICで降りると,「ようこそ,アテルイの里へ」という道路標示でお迎えです。公園部は2段となっていますが,3段に見えました。最下段は墳丘ではないのかな?後方部はかなり低いです。削られてしまっているのでしょうか。
8世紀に大和政権と大戦争をやった蝦夷の本拠地です。前方後円墳があるということは5~6世紀はヤマトと対立してはいなかったということですよね。対立でなければ同盟?興味深い古墳です。

【携帯版】古墳マップ

他県の古墳マップ