長野の古墳情報

長野の古墳 [ 計:430 表示:1 - 20 ]

名前紹介文
北山支群 大室2号墳円墳北山支群のうち、若宮八幡宮の周辺に4基が位置する。この4基は...
北山支群 大室ロ号墳円墳大星山の尾根上に16基が位置する。17号墳と、隣接するロ号墳...
北山支群 大室17号墳円墳大星山の尾根上に16基が位置する。17号墳と、隣接するロ号墳...
北山支群 大室16号墳円墳北山支群は大星山の尾根上に16基が位置し、9号墳~16号墳は...
北山支群 大室15号墳円墳北山支群は大星山の尾根上に16基が位置し、9号墳~16号墳は...
北山支群 大室20号墳円墳北山支群は大星山の尾根上に16基が位置する。20号墳は最も南...
北山支群 大室19号墳円墳北山支群は大星山の尾根上に16基があるが、19号墳はそこから...
北山支群 大室18号墳前方後円墳大星山の尾根上に位置し、大室古墳群唯一の前方後円墳。全長55...
新開古墳2号墳不明斜面に造られた墳丘が残る。割石が露出する。
金井山支群 大室460号墳円墳金井山の尾根上に10基が位置する。460号墳は石室材が一部露...
金井山支群 大室459号墳円墳金井山の頂上付近に位置する。支群中で最も大きい。直径27m、...
金井山支群 大室456号墳円墳金井山支群は金井山の尾根上に10基が位置し、456号墳は最も...
金井山支群 大室458号墳円墳金井山の尾根上に10基が位置する。直径15m、高さ4.0m。...
金井山支群 大室457号墳円墳金井山の尾根上に10基が位置する。457号墳は墳丘がほぼ消滅...
大塚古墳前方後円墳全長約53mの前方後円墳。 国指定史跡(飯田古墳群)、20...
丸山古墳 飯田前方後円墳現在は墓地となって改変されているが5世紀頃の前方後円墳。全長...
兼清塚古墳前方後円墳大塚古墳の南西に並んでいる。全長63.6m、東側-後円部直径...
桜田塚古墳円墳信更町全体を見渡す斜面上に位置し、規模も比較的大きかったとみ...
赤田2号墳円墳直径20m、高さ7.5m。墳丘の位置がわかりにくい。
赤田大塚古墳円墳直径32m、高さ7.2m。葺石だったとみられる大きさの小石も...