岡山 :: 備前車塚古墳の地図とデータ

備前車塚古墳

データ

名前 備前車塚古墳
よみがな びぜんくるまづかこふん
前方後方墳
都道府県 岡山
所在地 岡山市中区四御神
駐車スペース あり(無料)
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

周辺情報
タグ 前方後方墳駐車可能
注意事項

--

紹介文

全長48.3m、後方部26.5m、前方部21.8m。全周上下2段の葺石を巡らす。後方部背後に箱式石棺あり。

古墳は、4世紀始めのもので吉備地方では一番古く、三角縁神獣鏡など13面(東京国立博物館)が出土したので有名となった。被葬者は、古事記にある、「吉備上道臣の祖」大吉備津日子命とされている。(古墳前の看板による)

posted by seiuchi

投稿写真 (12)

ミニ駐車場の看板看板の内容古墳までの山道(頂上近く)古墳前に看板
墳丘(後方部)後方部北側法面の葺石墳丘裾の葺石後方部墳頂

コメント (1)

seiuchi - 2015/08/08 21:12:28

古い年代の古墳らしく、三角縁神獣鏡ほか色々な物が出土した有名な古墳の様です。住宅奥の谷に有る池の土手を渡ると、山裾に古墳の案内板が有りました。そこから登りましたが、勾配がきつく、ジグザグに山頂を目指します。蝉の音を聞きながら、延々と続く急斜面登りは、登山か苦行をしているような感じです。登ってみると、尾根上と言うよりは、ほとんど山頂と言う感じです。墳丘下の看板前に造られていた長椅子に座って休憩をしながら見ると、前方後方墳で、三角縁神獣鏡などが出土したと書かれています。後方部に上がって見ると、墳頂は平坦で、発掘坑と思われる凹みが見えます。墳丘の裾や、後方部北側の法面には荒々しい葺石が良く残っていました。ただ夏場は草が生い茂り、前方部は見えにくいです。(やっぱり古墳探訪は冬場が良いです(*^_^*))

他県の古墳