熊本 :: オブサン古墳の地図とデータ

オブサン古墳

データ

名前オブサン古墳
よみがなおぶさんこふん
都道府県熊本
所在地 山鹿市城
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

JR鹿児島本線「熊本駅」よりバス利用

交通 - 車

九州自動車道「南関IC」「菊水IC」降車

注意事項

--

キーワード

山鹿市, 装飾古墳, 円墳, 横穴式石室, 国指定史跡,
肥後古代の森

紹介文

直径約22m、高さ約5mの円墳。
墳丘の周囲には馬蹄形の濠がめぐる。葺石・埴輪は見つかっていない。埋葬施設は南側に入口をもつ横穴式石室で、全長約8.5m、玄室・前室・羨道からなる複室構造で、前庭部を含めると16m以上に及ぶ。前庭部は石室入口部の左右に取り付けられた南に延びる突堤によって周溝と区分されている。玄室部は長さ・幅約2.8m、壁面や仕切り石には赤色顔料で連続三角文などが描かれているそうだが、遺存状況はあまり良くない。出土遺物は玉類や金環、武具、馬具、須恵器など。6世紀後半の築造。
国指定史跡(チブサン・オブサン古墳)、1922(大正11)年指定。

オブサンは、産(うぶ)さんが訛ったもので、安産の神様として古くから地域の人たちに信仰されている。

ちなみに、石室入口部と閉塞石には、1887(明治10)年の西南戦争時についた弾痕が残されている。

・チブサン古墳
http://kofun.info/kofun/331

posted by admin-user

コメント (0)

--
【携帯版】古墳マップ