前方後円墳とは

前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)

円形と長方形(台形)の盛り土をつなぎ合わせた、古墳時代を代表する形です。その形状から「ひょうたん山」「茶臼山」「銚子塚」「車塚」などの古墳名が各地で多く見られます。日本の巨大古墳の第1位~44位は全て前方後円墳です。

前方後円墳の一覧 [ 計:948 表示:1-20 ]

名前 都道府県 紹介文
安威1号墳大阪全長約45mの前方後円墳。 後円部径約30m、葺石を備える ...
愛甲大塚古墳神奈川現状は直径約30m・高さ約5mの円墳だが、調査で前方部と周溝 ...
会津大塚山古墳福島会津盆地南東部の独立丘陵上に所在する全長114mの前方後円墳 ...
青塚古墳宮城推定全長約100mの前方後円墳。 墳丘は大きく削り取られて ...
青塚古墳愛知全長123m、県内第2位の規模を持つ前方後円墳。 後円部径 ...
青塚古墳(幸田町)愛知6世紀初頭頃築造。 幸田町では唯一の前方後円墳。 昭和4 ...
赤峪古墳岡山3基からなる古墳群の1号墳。 【以下現地説明板の内容に ...
赤塚古墳大分全長約57.5mの前方後円墳。 後円部径約36m、前方部幅 ...
赤土山古墳奈良全長106.5m、2段築成の前方後円墳で、葺石・埴輪列を備え ...
赤堀茶臼山古墳群馬全長59mの前方後円墳(帆立貝式)。 後円部径約35m、高 ...
赤門上古墳静岡全長56.3m、高さ4.9mの前方後円墳で、後円部中央付近で ...
赤山古墳香川全長約50mの前方後円墳だが、現在では後円部の一部のみが残存 ...
秋葉鬼塚古墳大分全長約55mの前方後円墳。葺石・埴輪・周溝あり。5世紀頃の築 ...
秋葉山1号墳(山王山)神奈川墳長59mの前方後円墳。 後円部径33m、前方部南側で区画 ...
秋葉山古墳茨城全長45m。明治時代に発掘され,石棺や人骨,刀剣などが出土し ...
秋葉山3号墳神奈川推定墳長51mの前方後円墳。 後円部は直径38~40mを測 ...
秋葉山2号墳(秋葉山)神奈川墳長50.5mの前方後円墳。 後円部径33m、くびれ部南側 ...
明戸古墳千葉全長約40mの前方後円墳。 周辺から採集された埴輪片から6 ...
上溝天神塚古墳長野全長約41.5mの前方後円墳で、後円部には天神社が建つ。埋葬 ...
朝霧塚古墳山梨朝霧塚古墳は笛吹市境川町にある前方後円墳である。墳丘付近から ...
<< 前へ
 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 次へ >>