茨城の古墳情報

茨城の古墳

茨城の古墳 [ 計:174 表示:1 - 20 ]

富士見塚古墳群
富士見塚古墳群 - 古墳群 【ふじみづかこふんぐん】 かすみがうら市柏崎1546-71,その他 前方後円墳1基,円墳4基。うち3基が県指定史跡。1号墳は墳丘全長80m,前方...
寺前前方後円墳
寺前前方後円墳 - 前方後円墳 【てらまえぜんぽうこうえんふん】 ひたちなか市柳が丘12-1 墳長約50m,後円部径約30m・高さ約4.5m,前方部幅約15m・高さ約2m...
八幡山古墳
八幡山古墳 - 円墳 【はちまんやまこふん】 桜川市真壁町上谷貝1173 直径20m~30m程の円墳と考えられているが、現在は墳頂に八幡神社が建ち、墳...
赤浜1号墳
赤浜1号墳 - 前方後円墳 【あかはまいちごうふん】 高萩市赤浜366 全長約23m、後円部径11m・高さ1.5m、前方部幅8m・高さ1m。6世紀後...
稲荷塚古墳
稲荷塚古墳 - 前方後円墳 【いなりづかこふん】 潮来市釜谷 大生東部1号墳。墳長61m、後円部径25m・高さ4m、前方部幅21m。明治時...
舟塚山古墳
舟塚山古墳 - 前方後円墳 【ふなつかやまこふん】 石岡市大字北根本597番地外 【主要な古墳】全長186m、県内最大の前方後円墳。後円部径90m・高さ11m...
甕の原古墳群
甕の原古墳群 - 古墳群 【みかのはらこふんぐん】 日立市大みか町 「六ツヶ塚」という地名が残り、かつては前方後円墳1基、円墳5基からなる古墳群...
鹿見塚古墳
鹿見塚古墳 - 前方後円墳 【しかみづかこふん】 潮来市大生890-2 大生西部2号墳。大生西部古墳群の盟主的な古墳で、西側くびれ部に造り出しを持つ...
虎塚古墳
虎塚古墳 - 前方後円墳 【とらづかこふん】 ひたちなか市中根字指渋3494‐1 【主要な古墳】全長56.5mの前方後円墳。後円部径32.5m・高さ5.5m、...
風返大日山古墳
風返大日山古墳 - 帆立貝式古墳 【かぜかえしだいにちやまこふん】 かすみがうら市宍倉1022 長径55m、短径46m、高さ6.3m。昭和40・41年の発掘調査の結果、墳頂...
西田古墳群
西田古墳群 - 古墳群 【にしだこふんぐん】 かすみがうら市上稲吉1137-2ほか 上稲吉字西田及び西原に前方後円墳と円墳数基がある。前方後円墳は形をとどめてい...
木原白籏古墳群第2号墳(白籏石尊古墳)
木原白籏古墳群第2号墳(白籏石尊古墳) - 前方後円墳 【きはらしらはたこふんぐんだいにごうふんしらはたせきそんこふん】 稲敷郡美浦村大字木原 全長約55mの前方後円墳。後円部径約30m・高さ約6m、前方部幅約25m・高...
大塚古墳
大塚古墳 - 帆立貝式古墳 【おおつかこふん】 鹿嶋市宮中 宮中野114号墳。別名「勅使塚」とも呼ばれる全長92mの帆立貝式古墳。主丘部...
頓化原古墳
頓化原古墳 - 長方形墳 【とっけはらこふん】 東茨城郡城里町大字北方字徳化 徳化原古墳とも書く。現状の墳丘は全長35m、高さ3mで、前方後円墳か方墳か長...
備中瓢箪塚古墳
備中瓢箪塚古墳 - 前方後円墳 【びっちゅうひょうたんづかこふん】 結城市上山川字備中 林古墳群の1基。全長48mの前方後円墳。後円部高さ4m。
小備中塚古墳
小備中塚古墳 - 円墳 【しょうびっちゅうづかこふん】 結城市上山川字備中 直径約25m・高さ約2.5mの円墳。埋葬施設は未調査のため不明。
林八幡塚古墳陪塚
林八幡塚古墳陪塚 - 円墳 【はやしはちまんづかこふんばいちょう】 茨城県結城市上山川字備中 直径14mほどの円墳。林八幡塚古墳陪塚とされているが、この古墳との関係は不明...
飯塚前古墳
飯塚前古墳 - 長方形墳 【いいづかまえこふん】 ひたちなか市三反田字飯塚前 長辺30m・短辺22m、高さ約4mの長方形墳で、葺石・埴輪は確認されていない...
六所塚古墳
六所塚古墳 - 前方後円墳 【ろくしょづかこふん】 常総市蔵持251 神子女(みこのめ)古墳群第73号墳。墳丘長70mの前方後円墳。後円部径45m...
風返浅間山古墳
風返浅間山古墳 - 円墳 【かぜかえしせんげんやまこふん】 かすみがうら市宍倉995 直径約40m、高さ約6mで市内最大級の円墳。墳形も周堀もよく形をとどめている...