山形 :: 衛守塚2号墳の地図とデータ

衛守塚2号墳

データ
名前 衛守塚2号墳
よみがな えもりづかにごうふん
不明
都道府県 山形 ( マップ | 一覧 )
所在地 山形県山形市大字千手堂
駐車スペース なし
交通 - 徒歩

衛守塚2号古墳は山形市立出羽小学校から徒歩1分、復元石棺は吉祥院千手堂境内

交通 - 車

--

周辺情報
タグ --
キーワード

古墳群, 割竹形木棺, 5世紀後半, 復元石棺, 衛守塚古墳群

注意事項

--

紹介文

衛守塚2号墳は明治12年3月に掘り起こされ、割竹型木棺をはじめ櫛・弓などが出土し東京国立博物館で保管されている(上遠矢塚古墳調査報告書 天童市 上遠矢塚古墳調査団 1978年11月1日より)。木柵が墳丘を囲んでいたた5世紀後半の古墳(やまがたの古墳とその時代 山形県立うたむき風土記の丘考古資料館 1999年10月)。かつての遺跡があった場所に看板が立っている。衛守塚古墳第4号墳と七浦狐山古墳第2号墳から出土した石棺は、復元石棺として吉祥院千手堂敷地内で保存されている(石棺復元之辞(復元石棺の前に設置されている碑)より)。

山形県遺跡番号:201-076

posted by yamako
updated 2021年05月27日
投稿写真 (6)
復元石棺があつ千手堂千手堂敷地内にある衛守塚古墳の復元石棺衛守塚古墳の復元石棺の前にあった碑衛守塚古墳の復元石棺
衛守塚古墳の復元石棺衛守塚2号古墳跡
コメント (1)
yamako - 2021/05/09 12:40:27

吉祥院千手堂にあった復元石棺を調べたところ、衛守塚古墳の物だとわかりました。現在衛守塚古墳群はありませんが、2号墳があった場所に看板が立っています。