山形 :: 石堂山古墳の地図とデータ

石堂山古墳

データ
名前 石堂山古墳
よみがな いしどうやまこふん
不明
都道府県 山形 ( マップ | 一覧 )
所在地 東置賜郡高畠町
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

周辺情報
タグ --
キーワード

--

注意事項

--

紹介文

  高畠町の南西、養鯉で有名な鈴沼の両方に位置する。本町の古墳は九五パーセントが北方、南面する山麓ないし、山腹に築造されているのに対し、石堂山古墳の立地は異例である。当時中学生の安部良一君によって発見されたものである。形態は山寄法による、横穴式円墳である。乱掘の痕跡はなく、プライマリーな状態で被埋葬者の副葬品が採集される。「ひらづくり」の太刀六振、鎌一点、金環四点である。本町出土のうち最も原形に近い形を呈する太刀である。柄頭の形態は不明であるが、恐らく刃身より推考するに方頭太刀に近いものであろう。又、山形県下において二点目の鉄鎌である。現存するのは基部のみであるが貴重である。勿論本町において初めての出土品である。
 築造の形態、副葬品より、本古墳は古墳時代終末期に造られたと考えられる。

山形県遺跡番号:381-048

【引用・参考文献】
・佐々木洋治 昭和46年3月31日発行 高畠町史 別巻考古学資料篇 高畠町文化財史編集委員会 高畠町史編纂委員会
・山形県・山形県教育委員会 1987年 寝鹿・契約壇遺跡発掘調査報告書 山形県埋蔵文化財調査報告書112集
・山形県遺跡番号
・山形県遺跡地図

*古墳について情報をお持ちの方お寄せ下さい。写真もぜひ!

posted by yamako
updated 2022年04月28日
投稿写真 (0)
--
コメント (0)
--