岡山 :: カイチギ古墳群の地図とデータ

カイチギ古墳群

データ

名前 カイチギ古墳群
よみがな かいちぎこふんぐん
不明
都道府県 岡山
所在地 小田郡矢掛町小林
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

周辺情報
タグ 群集墳横穴式石室両袖型
注意事項

--

紹介文

1号墳(古墳マップ表示位置)
正蓮寺谷に接する鞍部から北西に続く山道の東下方斜面中に立地する。山側から墳丘の判別はむずかしいが、谷側は封土がよく残っている。南東に開口する横穴式石室をもち、羨門と考えられる立石も残っている。現存石室長7.3m、幅1.7m、高さ1.8mを計る。

2号墳
山道を挟んで、1号墳と反対の斜面上方に位置する。墳丘の痕跡と考えられる高みと、石室材の残骸と考えられる転石が緩斜面中に見られる。かって、この附近で石室を破壊したと伝えられており、その古墳に該当すると思われる。

(矢掛町史)

posted by seiuchi

投稿写真 (8)

雑木林に有る墳丘石室口(狭いです)玄室奥壁
床面天井石が割れています((+_+))両袖式袖石

コメント (1)

seiuchi - 2015/01/28 18:39:06

集落南の谷を200mぐらい入ると西に小さな谷が有り、そちらに入ると雑木林の斜面に古墳と分かる墳丘が見えました。2回目の探訪でやっと古墳にたどりつけました。見つけた瞬間はいつも「あったョ」とつぶやいてしまいます。石室口の隙間は狭いですが、なんとか入れそうです。へそを地面につけ、肘、膝を動かしながらの入室です。なかなか大きな玄室です。大きな石は使用されていませんが、いろいろな形の石材が使用されています。片側の側壁は持ち送りの石組に見えます。そして良く見ると天井石の1枚に亀裂が中央部に入っています。下に入ってみますがあまり気持ちが良くありません。大きな地震があれば崩落しそうです。亀裂の有る天井石はあまり見る事がないので、なにか記憶に残りそうです。

他県の古墳