神奈川 :: 南原古墳群の地図とデータ

南原古墳群

データ

名前 南原古墳群
よみがな みなみはらこふんぐん
群集墳
都道府県 神奈川
所在地 足柄上郡山北町岸
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

JR御殿場線「東山北駅」又は「山北駅」から徒歩

交通 - 車

東名高速道路「大井松田IC」降車

周辺情報
タグ 円墳群集墳横穴式石室武器装身具
注意事項

--

紹介文

南原古墳群は、酒匂川が丹沢・足柄山地の支流を合わせ、 足柄平野に流れ出ようとする中流域左岸段丘上に立地します。 この場所は、南北朝時代に豪族「河村氏」が滅亡した「南原の戦い」の 主戦場でもあり、江戸時代の古図には「塚」として記載されています。 この古墳群の2号古墳は既に削平・生滅しており、新たに確認された4号 古墳を含め4ヶ所の古墳で構成されていますが、10~20基の大古墳群で あった可能性が高いと考えられています。 平成10年に1号・3号古墳を試掘調査した結果、 1号古墳は、最大幅2~2.5m、高さ1.5m、奥行き5~6mで 酒匂川の転石を利用した野石積みの、横穴式石室を主体部とした直径30m級の 円墳と推定されます。出土遺物は、管玉2点、琥珀玉2点、一対の銅釧、 大刀子1点(長さ39cm)刀子1点(長さ16cm)です。3号古墳は、1号古墳から 東へ200m程離れた柑橘園地内にあり、1号古墳と同様に、幅1.2m、高さ1.2m、 奥行き4~5mの野石積みの横穴式石室で、直径20mの円墳と推定されます。 出土遺物は、1体の人骨と、直刀1振(長さ100cm)腕輪として装着されたと 思われる土玉25点です。両古墳の築造は、出土した提瓶の年代観から、 6世紀後半から7世紀初頭に構築されたものと思われます。 この古墳群から出土した遺物は、中央公民館に展示 してあります。
山北町教育委員会から抜粋

posted by Kosuke

投稿写真 (6)

古墳には花が咲いていて綺麗です枯れ草に囲まれてる古墳古墳古墳
石室の石材が残っている説明板

コメント (0)

--

他県の古墳