奈良 :: きつね塚の地図とデータ

きつね塚

データ
名前 きつね塚
よみがな きつねづか
円墳
都道府県 奈良 ( マップ | 一覧 )
所在地 御所市玉手山字狐塚
駐車スペース あり(無料)
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

万願寺駐車所下車徒歩15分

周辺情報
タグ 円墳
キーワード

--

注意事項

墳丘に至る道はありません。

紹介文

御所市玉手山に存在する円墳です。玉手山は6代孝安天皇が葬られたとする山で、ここは宮内庁が孝安陵とする隣の尾根にあたります。
写真のNo1とする尾根に墳丘が存在します。奈良県の遺跡地図では直径18m、古墳時代中期としますが、私の調査では、盛り土の範囲はそれよりはるかに大きく、墳丘裾から3世紀代と思われる土器片も出土しています。
航空写真で見る尾根裾は、整った弧を描き、直径150mほどあります。私は墳丘と尾根は一体を為す、日本最大規模の円墳と考えます。
この古墳の南には、更に大きな墳丘を持つ古墳が存在します。写真でNo2とする尾根です。盛り土の範囲はおおよそ長径90m、短径40mくらい。尾根全体を墓域とすれば長径160mの巨大円墳です。その盛り土の中から庄内式土器片が出土しました。私はこの2つの尾根に存在する古墳は同時代の築造と考えています。

詳しくはこちらをご覧ください
http://kodai.sakura.ne.jp/teste/

posted by kusegakunoto
updated 2019年10月14日
投稿写真 (4)
No2墳丘から出土した土器片
  • No2墳丘から出土した土器片
  • by kusegakunoto
  • 2016年09月撮影
No1の尾根から出土した土器片
  • No1の尾根から出土した土器片
  • by kusegakunoto
  • 2016年09月撮影
直径150mの尾根
  • 直径150mの尾根
  • by kusegakunoto
  • 2016年09月撮影
直径150mの尾根上に存在する古墳
  • 直径150mの尾根上に存在する古墳
  • by kusegakunoto
  • 2016年09月撮影
コメント (2)
運営 - 2016/10/04 19:39:59

櫛塚さん
ご指摘ありがとうございます。
位置を確認してから修正いたします。

櫛塚 - 2016/10/02 20:05:15

これ奈良県なのに東京都をしめしています。

近くの古墳