広島 :: 大坊古墳の地図とデータ

大坊古墳

データ

名前 大坊古墳
よみがな だいぼうこふん
円墳
都道府県 広島
所在地 福山市神辺町西中条
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

JR福塩線「神辺駅」よりバス利用

交通 - 車

山陽自動車道「福山東IC」降車

周辺情報
タグ 円墳県指定史跡横穴式石室両袖型切石の使用
注意事項

--

紹介文

直径約14m・高さ約5m、周溝を備える円墳と思われるが、方墳の可能性もあるようだ。埋葬施設は南東方向に開口する横穴式石室で、全長約11m、幅・高さ約2mを測る。巨大な花崗岩の切石を用いて構築されており、玄室は床面中央に置かれた2個の石によって2室に分けられている。古くから開口しており、副葬品は見つかっていない。7世紀初頭の築造。県指定史跡、1983(昭和58)年指定。

posted by kofun.info

投稿写真 (16)

集落に有る案内板古墳前の標識古墳前の石碑と後方古墳石室口
羨道入口から撮影玄室羨道より右壁を撮影羨道より左壁を撮影

コメント (1)

セイウチ - 2014/09/09 22:23:14

集落の直ぐ裏山の裾に開口した古墳が有りました。この古墳に使用されている巨石には驚かされました。奥壁は1枚石で玄室の側壁、天井石、羨道の側壁、羨道の天井石は全て2枚の巨石が使用され、左右が対称に成っている感じがします。羨道と玄室の天井の高さは、同一に合わされています。また、玄室を2室に分けるために床面に石が置かれています。