岡山 :: 天神社の台石に石棺底石の地図とデータ

天神社の台石に石棺底石

データ

名前 天神社の台石に石棺底石
よみがな てんじんしゃのだいいしにせっかんそこいし
不明
都道府県 岡山
所在地 岡山市北区尾上
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

山陽自動車道「総社IC降車」

周辺情報
タグ 不明神社・寺石棺
注意事項

--

紹介文

八幡宮境内に有る天神社の台石に、吉備中山の横穴式石室の石棺底石を転用している。石棺底石の長さ186㎝、幅83㎝、厚さ17㎝。(天神社脇の説明文抜粋)

posted by seiuchi

投稿写真 (7)

尾上八幡宮八幡宮境内西脇に天神社台石に石棺の底石使用底石の説明文
石棺底石を使用八幡宮境内に佐瑠女神社天宇受売命の説明文

コメント (1)

seiuchi - 2016/01/03 20:56:12

尾上八幡宮境内西側の天神社脇に説明板が有るので読んでみると、社の台石に石棺の底石を転用していると書かれている。見てみると、なるほど石棺の底石のようです。かなり大きい物です。ただこの地の吉備中山に有った横穴式石室の5個の内の一つの石棺だったらしく、どこの古墳の物か書かれていないので、その点が気になります。

同じ境内の東側には佐瑠女神社が有り、天宇受売命をお祀りしている。なんでも、天照大神が天岩戸に隠れた時、岩戸を開けて連れだした神様という。

※本来は、八幡宮の裏に有る八幡宮裏山古墳(竹端古墳)を探しに来たのですが、後方の尾根は開墾され、平地の畑になっていた。畑で作業されていたお年寄りに聞くと、ここの畑を所有しているが、古墳が有るとは知らないと言われていた。かなり前に消滅した様です。

他県の古墳