岡山 :: 大谷山古墳の地図とデータ

大谷山古墳

データ

名前 大谷山古墳
よみがな おおたにやまこふん
方墳
都道府県 岡山
所在地 赤磐市 奥 吉原
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

山陽自動車道「山陽IC」降車

周辺情報
タグ 方墳竪穴式石室
注意事項

--

紹介文

北西に延びる尾根先端の山頂に位置。長辺28m、短辺21m、高さ3mの方墳。墳頂に2基の竪穴式石槨。西側の石槨は長さ3m、幅0.9m、深さ0.8mとされる。3.3m離れた東側の石槨は天井部は無く、長さ3.1m、幅0.9mとされる。

posted by seiuchi

投稿写真 (16)

道路奥に大谷古墳?登山口標識尾根に標識(大谷古墳?)尾根に大谷山方向の標識(大谷山古墳?)尾根に万代氏宮之墓の標識
東側尾根に万代氏宮之墓が1基墳丘(南から)墳丘(北から)東西に竪穴式石槨

コメント (1)

seiuchi - 2016/04/01 18:07:09

丘陵の道路側は、道路工事により絶壁状態になっている。道路を上がって行くと、小さく山裾がへっ込んでいる所に大谷古墳の標識が有り、そこから斜面の山道を登って行く。

尾根に出た所の四つ角に、3枚の手書きの標識が枝木に掛けているのが目に入る。尾根先端方向側に、大谷古墳の手書きの標識が掛かっている。遺跡地図での名称は、大谷山古墳のはずが、標識は大谷古墳になっている。反対方向の大谷山に登って行く方向には大谷山古墳の標識が掛かっている。山頂方向には古墳は無いはずで、新しく発見されたのかなと思ったが。(大谷山山頂まで登ったが、三角点が有ったのみで、古墳らしき物は目に入らず) もう一方には、万代氏宮之墓の標識が有る。(東の尾根上に古墳が有ってもおかしくない所に、ぽつんとお墓が1基存在していた)

尾根先端を目指すと、山頂に方墳らしき墳丘が有りました。山頂は、一辺12mほどの概ね平坦な形状になっていて、2基の竪穴式石槨が見られます。西側の石槨は、横穴式石室の様に開口しています。石槨長さ2.9m、幅0.8m、高さ0.6m程度に見えます。東側は天井部が無く、長さ3.2m、幅0.9m程度です。脇には蓋石らしき石材が2枚散在しています。葺き石が有るとされるが、よく分からなかったです。

他県の古墳