yasuさんのプロフィール

写真 (108)

37号墳(上長塚)34号墳(義門寺山内塚)後円部現況前方部から後円部を眺めました。
粘土槨展示状況古墳遠景古墳現況古墳遠景(墳頂に社殿が建っています)
墳丘墳丘に登る道古墳入口古墳遠景

コメント (26)

西都原13号墳 - 2022/06/05 22:37:50

西都原古墳群の中では珍しい粘土槨、しかも実際の墳丘内で見学できる古墳です。
墳丘にも登れますが、後円部はかなりの急こう配です。

本庄古墳群 - 2022/06/05 22:35:20

西都原古墳群に較べると特に整備もされていないので見劣りするかもしれませんが、街中に古墳が点在するのは珍しい光景です。
各々の古墳に駐車場はありません。また、あるように見えても他の施設の駐車場なので利用しない方が賢明です。国富町役場に停めるのが良いかと思います。

宮浦阿蘇神社の敷地にあるようです。行ってみたものの、当たり前ですが古墳を感じさせるものは何もありません(神社の建物は見る価値ありです)。

丸山古墳 - 2022/03/10 19:36:09

道路端に看板があるので、看板の後ろの急な上り坂をどんどん進んでいくと、突き当りに古墳があります。行ってみたものの、よくわからない古墳でした(説明板も昭和のものなので)。
専用の駐車場はありませんが、近くの路肩が広くなっているので、そこに駐車して見学しました。

横田下古墳 - 2022/02/11 19:05:02

国指定史跡という事なんですが、あまりここまで整備の手が回らないのでしょうか、看板は旧浜玉町が造った昭和61年の看板のままで、説明も石室の現況も何かよくわからない感じです。
駐車場は古墳東側に専用のがありますが、木の枝とかがけっこう落ちてて、きちんと整備すれば5~6台停められそうな感じなのですが、そこそこ荒れてました。

大浦古墳群 - 2022/02/05 18:13:40

浦部(うらべ)・大浦(おおら)・梅ヶ崎(うめがさき)3地区にあった6~7世紀の古墳群が、道路建設に伴い1箇所に移設復元された公園です。
ちょっと駐車場が停めにくいですが、石室もきっちり復元されているので、じっくり見学できます。

仙道古墳 - 2022/02/05 18:02:18

福岡県の中では駐車場が整備されているので訪問しやすいです。ただ、敷地の大半がパークゴルフ場になっているので、プレイしている人がいると訪問しにくいかもしれません。

慶運寺裏古墳 - 2022/02/02 19:37:04

慶運寺本堂のすぐ裏手にあります(本堂と墓地への斜面の隙間から入っていく感じです)。この辺りでは珍しく気軽に石室を見学できる古墳です。
ホケノ山古墳の駐車場から徒歩2~3分ぐらいです。

大日古墳 - 2022/02/01 18:55:18

墓地の中にあります。その関係か、石室内に何か祀られているようです。
非常に良い古墳なのですが、専用の駐車場がないのが非常に惜しいところです。古墳への道もかなり狭いですし。

藤ノ木古墳 - 2022/02/01 18:41:59

住宅街の中でこんなにきれいに整備されていたんですね。駐車場も確保され、石室もガラス越しにですが見る事ができます(もう少しガラスの透明度が高いと良いのですが)。

堂ノ後古墳 - 2022/01/26 21:12:10

看板がなければ通り過ぎてしまいそうな古墳でした。墳丘からは大和三山が見える等景色は良いですよ。
駐車場はないので、ホケノ山古墳の駐車場を使うと良いでしょう。

ホケノ山古墳 - 2022/01/26 20:47:09

何と言っても専用駐車場があるのが良いですね(但し、細い道路際になぜか復元されたと思しき石積みがあるので、油断すると車をガリっとやられそうな)。
墳丘も「そんなにすごいの?」と感じるぐらい、何か小ぢんまりとしてます。
ただ、墳丘はそれほど高くもないのですが、目の前の箸墓や、頑張れば大和三山も見えそうな良い感じです。

岩畠古墳 - 2022/01/26 20:40:50

行先案内の看板は出てませんが、上の地図の場所で間違いないので、迷わずに行けると思います。
後、「駐車場有」となっていますが、住宅街(道細め)のど真ん中にあるので、「古墳の」駐車場はありません。見学の際は、毛利氏庭園前にある観光用駐車場を利用した方が良いと思います(駐車場から徒歩約10分です)。

鬼の俎・雪隠 - 2022/01/23 19:28:57

天武・持統合葬陵の裏手にあります。車で行く場合、合葬陵に駐車して、合葬陵とセットで見学するのが良いと思います。

剣上塚古墳 - 2022/01/23 19:24:08

訪問してみれば、普通に民家の裏山といった感じです。平郡中央公園から徒歩10分程度。最後の丁字路で左に曲がると古墳の説明看板に着きますが、それ以上は進めません。丁字路を左に曲がり、さらに左に曲がると写真のように民家の裏から古墳に登る事ができました。