山形 :: 要害古墳群第一号墳の地図とデータ

要害古墳群第一号墳

データ

名前 要害古墳群第一号墳
よみがな ようがいこふんぐんだいいちごうふん
方墳
都道府県 山形
所在地 山形県東村山郡山辺町要害
駐車スペース なし
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

周辺情報
タグ 方墳
キーワード

--

注意事項

--

紹介文

この古墳は標高286Mの高台に立地する古墳で、墳形は方墳である。
南北は19m80cm、東西は18m10cmとなる。これに周溝を含めると南北21m50cm、東西20m20cmである。墳丘の高さは、もっとも高低差のある東面で3m72cm、最小の西面では2m57cmである。特に平野部からの景観を意識してか東側の墳丘は壁のような急斜面を呈している。
平成13年の調査では、土師器が出土しており、その特徴から四世紀の第3四半期に築造された古墳であることが判明した。付近には10数基の古墳が存在し、古墳群を形成している。
山形盆地で最古の古墳であり、山形盆地の古墳時代の一端を知ることのできる貴重な遺跡である。

説明板(山辺町教育委員会)より転載

posted by nkurihar

投稿写真 (8)

墳丘古墳の入口解説板要害地区から市街地を望む
  • 要害地区から市街地を望む
  • by nkurihar
  • 2010年09月撮影
説明板
  • 説明板
  • by nkurihar
  • 2010年09月撮影
墳丘から市街地を望む
  • 墳丘から市街地を望む
  • by nkurihar
  • 2010年09月撮影
遠景
  • 遠景
  • by nkurihar
  • 2010年09月撮影
全景
  • 全景
  • by nkurihar
  • 2010年09月撮影

コメント (2)

yuki1949 - 2018/07/27 21:45:57

古墳の南側の道路を登りきった一番高い場所に入口がありますが、注意しないと見逃してしまいそうです。古墳は送電線の鉄塔の近くにあり、解説板があるので古墳と判るが、草が多く形状がはっきり確認がしにくい。やはり、草が枯れて少ない時期がお勧めである。

nkurihar - 2010/11/03 14:11:05

説明板にもありますが高台にあるのでとても眺めがいいです。