群馬 :: カロウト山古墳石棺の地図とデータ

カロウト山古墳石棺

データ

名前 カロウト山古墳石棺
よみがな かろうとやまこふんせっかん
遺跡
都道府県 群馬
所在地 前橋市三河町2-1-3 中川小学校内
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

前橋駅より徒歩又はレンタサイクル利用

交通 - 車

関越自動車道「前橋IC」降車

周辺情報
タグ 遺跡学校石棺
注意事項

--

紹介文

中川小学校の校庭内に保存されている石棺。
この石棺は、小学校の南東約1キロの場所に存在したカロウト山古墳(前橋3号墳)から出土したもので、凝灰岩を刳り抜いて造られた舟形石棺もしくは家形石棺の「身」の部分である。外法は2.1m×1.0m、内法は1.6m×0.4mを測り、縄掛突起とみられる出っ張りが僅かに残されている。ちなみに、「蓋」の所在は不明である。
市指定重要文化財、1964(昭和39)年指定。

なお、カロウト山古墳は全長約36m(昭和10年当時)の帆立貝式古墳で、明治末期の土取り等によって消滅してしまったようだ。

posted by kofun.info

投稿写真 (3)

無題無題無題

コメント (0)

--