茨城 :: 浅間塚古墳(結城市)の地図とデータ

浅間塚古墳(結城市)

データ
名前 浅間塚古墳(結城市)
よみがな せんげんづかこふん
前方後円墳
都道府県 茨城 ( マップ | 一覧 )
所在地 結城市大字結城(松木合)
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

周辺情報
タグ 前方後円墳市指定史跡埴輪武器装身具
注意事項

--

紹介文

全長35m、高さ5m。円筒埴輪が巡る。前方部は削られているが、その際に勾玉や直刀が出土した。市指定史跡。
松木合古墳群は、主に5世紀後半~6世紀に造られたもので、古くは松木合13塚とも呼ばれ、もともとは13基の古墳が残されていた。現在は浅間塚・地神塚・山神塚の3基の古墳が残り、共に市指定史跡となっている。

posted by witness
updated 2020年11月06日
投稿写真 (3)
松木合古墳群の説明頂上塚の入り口
コメント (0)
--
近くの古墳