広島 :: 二塚古墳の地図とデータ

二塚古墳

データ

名前 二塚古墳
よみがな ふたつかこふん
不明
都道府県 広島
所在地 福山市駅家町大字法成寺
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

JR福塩線「駅家駅」より徒歩

交通 - 車

山陽自動車道「福山東IC」降車

周辺情報
タグ 不明石室露出横穴式石室武器馬具装身具土器・容器
注意事項

--

紹介文

民家の裏庭に横穴式石室がガツンと露出している。
盛り土が流失しており、墳形は不明。石室は玄室部分が残存しており、長さ約4m・幅約2.4m・高さ約3.1mを測る。出土遺物は銅鏡や玉類、耳環、馬具、武器、須恵器など。

posted by kofun.info

投稿写真 (10)

中央の屋根の脇に古墳道路に有る案内表示石室正面より撮影古墳の側面より撮影
古墳後方より撮影奥壁(石の色が朱色)奥壁より天井石撮影奥壁より右壁を撮影

コメント (1)

セイウチ - 2014/09/10 11:19:56

道路に有る案内表示に従い民家の方に行くが、民家には表示が有りません。家と家の間の生活道を進むと墓地が有り、垣根から覘くと古墳らしき塚が目の前に見えます。完全に民家の敷地内です。家の玄関に行って見学の許可を貰おうとインターホンを鳴らすが出てこられません(留守?)セコムのシールが貼られ、防犯カメラ数台が此方の方向に向いています。とりあえず出て、もう一軒奥の民家を尋ねると、おじさんが民家の敷地内に入って左側を通って行きなさいと言ってくださいましたが、ためらっていると、家の前までついて行ってくださったので、安心して行くことが出来ました。古墳を見ますと、羨道の方の石は取り外されていますが、巨石を使用した玄室で空間に広がりが有り、大きな石室です。本来、大きな古墳で有った事が想像出来ます。奥壁の表面は朱色をしています。側壁もそれらしい色をしている事から、玄室全体の石に朱色が塗られていたのでしょうか。