群馬 :: 蛇穴山古墳の地図とデータ

蛇穴山古墳

データ
名前 蛇穴山古墳
よみがな じゃけつざんこふん
方墳
都道府県 群馬 ( マップ | 一覧 )
所在地 前橋市総社町総社1587-2
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

JR上越線「群馬総社駅」より徒歩

交通 - 車

関越自動車道「前橋IC」降車

周辺情報
タグ 方墳国指定史跡段築葺石周濠・周堤横穴式石室両袖型切石の使用切組み技法
注意事項

前橋駅前にレンタサイクルあり

紹介文

1辺約40m・高さ約5m、2段築成の方墳で葺石・2重周溝を備える。埋葬施設は南に開口する横穴式石室で、明確な羨道は持たず、玄門前には天井のない切石敷きスペースと台形状の前庭部がある。玄室部は長さ約3m・幅約2.6m・高さ約1.8m、奥壁・両側壁・天井にはそれぞれ1枚の巨石が使用され、壁面には漆喰が塗られた痕跡があるほか、室内には棺台と思しき砂岩の切石が置かれている。切石敷きスペースの側壁には切組積みの技法が用いられている。7世紀末頃の築造。国指定史跡、1974(昭和49)年指定。
(『上毛古墳綜覧』・総社町8号古墳)

・参考資料
群馬県教育委員会『群馬県古墳総覧』2017年5月 ほか

posted by 古墳マップ運営
updated 2019年06月23日
投稿写真 (18)
石室入口
  • 石室入口
  • by yuki1949
  • 2011年09月撮影
蛇穴山古墳
  • 蛇穴山古墳
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
蛇穴山古墳
  • 蛇穴山古墳
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
看板
  • 看板
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
石室正面から
  • 石室正面から
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
石室開口部
  • 石室開口部
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
石室開口部
  • 石室開口部
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
石室内部
  • 石室内部
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
石室内部
  • 石室内部
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
石室内部
  • 石室内部
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
石室内部
  • 石室内部
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
石室内部
  • 石室内部
  • by ゲスト
  • 2010年12月撮影
コメント (1)
yuki1949 - 2011/09/12 17:43:45

宝塔山古墳の石室より小ぶりだが、現在の建築物のような近代的な感じがする。7世紀後半の築造のようだが、素人目には現在の切石積技術と同程度か、それ以上の技術のようにも思える。二子山、愛宕山、宝塔山、蛇穴山古墳と4箇所を順に見学したが、もう一度、宝塔山古墳を見てから帰るか?