愛知 :: 永洞古墳の地図とデータ

永洞古墳

データ
名前 永洞古墳
よみがな えいぼらこふん
不明
都道府県 愛知 ( マップ | 一覧 )
所在地 犬山市大字富岡永洞
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

周辺情報
タグ 石棺棺 家形土器・容器
注意事項

--

紹介文

1934(昭和9)年に発見され、石棺が確認された。その時点で墳丘は残存せず。
礫岩製の刳抜式家形石棺で善師野石で作られたと考えられる。
棺身の大きさは長さ173cm、幅68cm、高さ53cm。
石棺の蓋は四注屋根型(四方に水が滴るの意)。
歯の分析から被葬者は27~28歳の壮年者と考えられる。
遺骸の足元から径約10cmの須恵器杯の蓋が1点出土。
古墳時代末期、8世紀ごろの築造。石棺は調査後に埋め戻された。

posted by sera
updated 2020年10月11日
投稿写真 (4)
通り過ぎてから振り返って撮影ひばりヶ丘公園から歩いてここを右南から説明看板
コメント (0)
--