香川 :: 高松市茶臼山古墳の地図とデータ

高松市茶臼山古墳

データ

名前 高松市茶臼山古墳
よみがな たかまつしちゃうすやまこふん
前方後円墳
都道府県 香川
所在地 高松市前田西町、新田町、東山崎町
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

高松琴平電気鉄道長尾線「水田駅」よりタクシー利用

交通 - 車

高松自動車道「高松東IC」降車

周辺情報
タグ 前方後円墳県指定史跡山頂葺石埴輪竪穴式石室武器装身具農工具・漁具土器・容器腕輪形石製品
注意事項

--

紹介文

標高約50m茶臼山山頂に所在する全長約70mの前方後円墳。葺石・埴輪あり。後円部で竪穴式石室2基、前方部で石棺墓1基、その他にも複数の埋葬施設が確認されている。2基の竪穴式石室のうち、南側の石室は安山岩の板石を小口積みにして構築されており、長さ5.45m・幅約1m・高さ約1.35mを測る。室内からは2体分の人骨のほか鍬形石や装身具、銅鏡(平縁神獣鏡)、土師器などが出土している。北側の石室は長さ約5.9m・幅約0.8m・高さ約0.8m、出土遺物に玉類や武器、農工具などがある。4世紀頃の築造。県指定史跡、1970(昭和45)年指定。

posted by kofun.info

投稿写真 (1)

1969年の調査時 北西側尾根から撮影
  • 1969年の調査時 北西側尾根から撮影
  • by kitakita
  • 2011年12月投稿

コメント (0)

--

他県の古墳