福島 :: 横手古墳群の地図とデータ

横手古墳群

データ

名前 横手古墳群
よみがな よこてこふんぐん
古墳群
都道府県 福島
所在地 南相馬市鹿島区横手八斗蒔(A群)、鹿島区横手原田(B群)
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

--

周辺情報
タグ 円墳帆立貝式古墳古墳群県指定史跡神社・寺埴輪周濠・周堤横穴式石室
注意事項

--

紹介文

真野川の北東に分布し、国道6号線沿いと、JR常磐線の西側の水田地帯に分布するA群11基と、初発神社周辺に分布するB群4基からなる。A群は帆立貝式の前方後円墳が1基、他は円墳、B群はすべて円墳である。古墳時代後期の古墳群である。

A群1号墳 前方後円墳、全長31m、後円部径19mの規模、国道6号線の工事で前方部が消滅。

B群1号墳 円墳、径40mの規模で埴輪が採取。

分布図と解説は、「図説 福島の古墳」(発行:福島県立博物館) が参考になります。

posted by yuki1949

投稿写真 (6)

B群 初発神社の後ろにある古墳B群 1号墳の周濠B群 1号墳(初発神社が鎮座)B群 初発神社近く(1本南の道路)にある
A群 水田の中の4基A群 道路沿いの1基

コメント (2)

yuki1949 - 2017/11/06 23:05:17

<追記>写真の、A群 道路沿いの1基(JR常磐線西側の道路沿い)は13号墳、A群の水田の中の4基は、手前から5,8,10,11?号と思われる。

yuki1949 - 2017/11/04 22:20:15

こちらの古墳群には標柱が一切ないので何号墳かは不明だけれど、水田のなかにあるのですぐに発見できる。なお、帆立貝式の前方後円墳は発見できなかった。消滅かも?