四隅突出墳

四隅突出墳とは
方形または長方形の四隅を引き延ばしたような形状をしています。弥生時代から古墳時代へ移り変わって行く時期に造られたお墓で、中国地方や北陸地方などで見られます。
四隅突出墳の投稿写真
無題無題復元された9号墳墓無題

四隅突出墳 [ 計:5 表示:1 - 5 ]

阿弥大寺古墳群
阿弥大寺古墳群 - 鳥取 四隅突出墳 【あみだいじこふんぐん】 倉吉市下福田 高城山北麓の丘陵先端に所在、四隅突出型墳丘墓3基が東西に並んでいる。最大の1...
杉谷4号墳
杉谷4号墳 - 富山 四隅突出墳 【すぎたによんごうふん】 富山市杉谷字御前野 杉谷古墳群の中の1基。 富山大学付属病院の敷地内(南西)にある。 197...
仲仙寺古墳群
仲仙寺古墳群 - 島根 四隅突出墳 【ちゅうせんじこふんぐん】 安来市西赤江町 弥生時代末期~古墳時代の墳墓・古墳群。 墳丘墓・円墳・方墳の計15基が丘陵...
西谷墳墓群
西谷墳墓群 - 島根 古墳群 【にしだにふんぼぐん】 出雲市大津町西谷 四隅突出型の墳丘がとてもきれいに整備された公園です。
矢谷古墳
矢谷古墳 - 広島 四隅突出墳 【やだにこふん】 三次市東酒屋町 三次盆地南縁の丘陵上、工業団地内に保存されている。全長18.5mの四隅突出型...