奈良 :: 五社神古墳の地図とデータ

五社神古墳

データ

名前 五社神古墳
よみがな ごさしこふん
前方後円墳
都道府県 奈良
所在地 奈良市山陵町
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

近鉄京都線「平城駅」より徒歩

交通 - 車

--

周辺情報
タグ 前方後円墳陵墓段築葺石埴輪器財埴輪家形埴輪周濠・周堤
注意事項

--

紹介文

全長約275mの前方後円墳。後円部径約195m・高さ約23m、前方部幅約155m・高さ約27m、葺石・埴輪・周濠を備える。4世紀後半~5世紀初頭の築造。仲哀天皇の皇后・神功皇后が埋葬された陵墓として宮内庁が管理。陵墓名・狭城楯列池上陵(さきのたたなみのいけのえのみささぎ)。

2008(平成20)年、宮内庁は五社神古墳の立ち入り調査を限定付きで認めた。日本考古学会などの申請を受けたもので、この時の調査で葺石や埴輪列の存在が確認されている。

posted by kofun.info

投稿写真 (10)

前方部周濠(東側)西側 前方部かど全景(西側道路52号田んぼのあぜ道から)五社神古墳
無題無題無題無題

コメント (1)

yuki1949 - 2017/09/28 21:30:23

西側の道路52号線から樹木の覆われた古墳の全体が見えますが、墳丘の形状までは判別できないようです。古墳の西側の周濠は柵まで登らなければ見えませんが、東側は大きな周濠の先に墳丘が良く見えます。