群馬 :: 金冠塚古墳の地図とデータ

金冠塚古墳

データ

名前 金冠塚古墳
よみがな きんかんづかこふん
前方後円墳
都道府県 群馬
所在地 前橋市山王町1丁目13-3
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

JR両毛線「駒形駅」より徒歩又はバス利用

交通 - 車

北関東自動車道「駒形IC」降車

周辺情報
タグ 前方後円墳市指定史跡公園住宅街段築葺石埴輪横穴式石室両袖型武具装身具
注意事項

前橋駅前にレンタサイクルあり

紹介文

全長52mの前方後円墳。後円部径32m・高さ4m、前方部幅42m・高さ3m、2段築成で葺石・埴輪を備える。埋葬施設は南西方向に入口をもつ両袖型の横穴式石室で、出土品のうち古墳名の由来となった金銅製冠は、新羅慶州の古墳から出土した金冠に類似しているという。6世紀後半の築造。市指定史跡、1986(昭和61)年指定。
(『上毛古墳綜覧』・上陽村14号古墳)

・参考資料
①群馬県教育委員会『群馬県古墳総覧』2017年5月
②現地案内板

・東京国立博物館(金銅製冠を展示)
http://www.tnm.jp/

posted by kofun.info

投稿写真 (10)

後円部から横の児童公園から後方部から衝角付冑(東京国立博物館所蔵)
無題無題金銅製冠(模造・東京国立博物館展示)
  • 金銅製冠(模造・東京国立博物館展示)
  • by tihiro
  • 2010年06月撮影
後円部上から
  • 後円部上から
  • by tihiro
  • 2009年11月撮影

コメント (1)

ゲスト - 2017/05/07 16:32:14

すみません 「前」方部でした