栃木 :: かぶと塚古墳石室の地図とデータ

かぶと塚古墳石室

データ

名前 かぶと塚古墳石室
よみがな かぶとづかこふんせきしつ
円墳
都道府県 栃木
所在地 河内郡上三川町上三川
駐車スペース 不明
交通 - 徒歩

--

交通 - 車

北関東自動車道「宇都宮上三川IC」降車

周辺情報
タグ 円墳町指定史跡石室露出段築埴輪人物埴輪周濠・周堤横穴式石室切石の使用装身具土器・容器
注意事項

--

紹介文

直径約40m、2段築成の円墳で周溝を備える。古墳名は墳丘が兜の形に似ていたことに由来する。現在は盛り土が失われ、凝灰岩の切石で構築された横穴式石室(石棺式石室)が露出している。奥壁には幅2.0m・高さ2.0m、側壁には長さ3.7m・高さ2.0mの切石を、天井部には長さ2.4m・幅1.8mの切石2枚が使用され、玄門は1枚岩を刳り貫いて造られている。出土遺物は円筒埴輪や人物埴輪、勾玉、土師器、須恵器など。町指定史跡、1968(昭和43)年指定。

posted by kofun.info

投稿写真 (0)

--

コメント (0)

--