群馬 :: (八幡)観音塚古墳の地図とデータ

(八幡)観音塚古墳

データ

名前 (八幡)観音塚古墳
よみがな かんのんづかこふんやわた
前方後円墳
都道府県 群馬
所在地 高崎市八幡町字観音塚1087
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

(1)高崎駅よりバス利用(2)群馬八幡駅より徒歩

交通 - 車

関越自動車道「高崎IC」「前橋IC」降車

周辺情報
タグ 前方後円墳国指定史跡展示施設基壇周濠・周堤横穴式石室両袖型武器武具馬具装身具土器・容器駐車可能花見・紅葉スポット
注意事項

群馬八幡駅前にレンタサイクルあり

紹介文

全長約100mの前方後円墳。墳丘は後円部に比べ前方部が大きく、基壇の上に築造されている。周囲には堀がめぐる。1945(昭和20)年3月、防空壕を造る際に石室が開口、未盗掘の石室内から発見された約300点の副葬品は1961(昭和36)年に国の重要文化財・考古資料に指定され、近くに開館した観音塚考古資料館に収蔵・展示されている。石室は後円部南西方向に開口する両袖型の横穴式石室で全長約15.3m、玄室部長さ約7.2m・最大幅約3.5m・高さ約2.8m、羨道部長さ約8.2m・幅約1.4~2m・高さ約1.8~2.3mを測り、東日本でも屈指の規模を誇る。石室や石材の大きさが奈良の石舞台古墳に匹敵することから「群馬の石舞台」と呼ばれているようだ。6世紀末~7世紀初頭の築造。
石室内からは人骨のほか銅鏡(画文帯神獣鏡・五鈴鏡など)4面、銅碗、武器・武具、金銅製馬具、工具、須恵器、棺材など数多くの遺物が見つかっている。質・量ともに充実しており、近くの考古資料館に多数展示されているので、古墳・石室とセットで見学してもらいたい。
国指定史跡、1948(昭和23)年指定。

posted by kofun.info

投稿写真 (16)

現地案内板玄室奥から玄室奥から後円部の石室入口
後円部頂前方部(墳丘鞍部付近から)後円部(墳丘鞍部付近から)前方部右端から、右奥:後円部

コメント (1)

yuki1949 - 2011/09/12 20:19:28

9月に蒸し暑い日曜日、観音塚考古資料館の説明の人?が石室の前にいて、解説していただきラッキーだった。懐中電灯を借り、一緒に石室に入ると、東日本屈指の規模と誇るだけに、石室に入るとデカイ、広いが第一印象である。中に入ると以外と明るい。太陽との角度のせいか、入口が広いか?さらに少し涼しいかも? 防空壕を掘っている時に偶然発見されとこと、石室の巨石が55トン近いことなど、いろいろ解説していただきました。