大阪 :: 今城塚古墳の地図とデータ

今城塚古墳

データ

名前 今城塚古墳
よみがな いましろづかこふん
前方後円墳
都道府県 大阪
所在地 高槻市郡家新町
駐車スペース あり
交通 - 徒歩

JR東海道本線「摂津富田駅」よりバス又はタクシー利用

交通 - 車

名神高速道路「茨木IC」降車

周辺情報
タグ 前方後円墳国指定史跡展示・見学施設公園段築造出し葺石周濠・周堤横穴式石室排水溝石棺武器武具馬具装身具
注意事項

--

紹介文

淀川北岸の富田台地中央部に立地。全長約190mの前方後円墳で、くびれ部両側に造出しをもち、周囲にめぐらされた2重の濠と堤を含めた総全長は350mを測る。戦国時代に城砦として利用されていたことや大地震等により墳丘は大きく変形しているが、築造当時は3段に築かれていたようだ。これまでの発掘調査で葺石や埴輪列、墳丘内の石積みや排水溝が確認されたほか、北側の内堤に設けられた張出し部で埴輪祭祀遺構が発見された。埋葬施設は後世の盗掘や地震被害等により失われていたが、異なる3種類の石棺石材や銀象嵌大刀、金銅製装身具、武器、武具、馬具などが確認されている。6世紀前半の築造。被葬者として継体天皇が最有力候補に挙がっている。
国指定史跡、1958(昭和33)年指定。
国指定史跡(今城塚古墳附新池埴輪製作遺跡)、1991(平成3)年指定。

2011(平成23)年、史跡公園として整備・公開され、市民の憩いの場となっている。古墳の北側に開館した今城塚古代歴史館と併せて「いましろ大王の杜」と称されている。

posted by kofun.info

投稿写真 (18)

内堤上から墳丘全景後円部墳丘(東から)前方部墳頂にある解説前方部墳頂
後円部墳頂南の造出の解説板南の造出北側墳丘(手前後円部)

コメント (1)

yuki1949 - 2018/10/24 21:47:43

摂津富田駅でレンタサイクルを借りての訪問で、今城塚から太田茶臼山古墳を見学する予定です。今城塚は古墳全体が公園としてきれいに整備されていて墳丘に登ることができます。日曜の昼、多く人で賑わっています。散歩する人、家族でピクニックを楽しむ家族、スマホ片手にゲーム?をする若者等、さまざまです。